権利擁護センターありだがわ Feed

権利擁護センターありだがわ Q&A

権利擁護センターありだがわでは、将来の生活のことお金の管理に関することなど皆さまからのご相談をお受けしています。

 

Q1 . 成年後見制度とは、どんな制度ですか?

 認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力の不十分な方々は、不動産や預貯金などの財産管理をしたり、身のまわりの世話のために介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだり、遺産分割の協議をしたりする必要があっても、自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。

 また、自分に不利益な契約であってもよく判断ができずに契約を結んでしまい、悪質商法の被害にあうおそれもあります。

 このような判断能力の不十分な方々を保護し、支援するのが成年後見制度です。
 成年後見制度には、大きく分けると、法定後見制度と任意後見制度の2つの制度があります。 
                 法務省「成年後見制度・成年後見登記制度」Q&Aより引用

 

Q2 . 法定後見制度と任意後見制度には、どのよう
    な違いがありますか?

 法定後見制度では、家庭裁判所が個々の事案に応じて成年後見人等(成年後見人・保佐人・補助人)を選任し、その権限も基本的に法律で定められているのに対し、任意後見制度では、本人が任意後見人となる方やその権限を自分で決めることができるという違いがあります。


             法務省「成年後見制度・成年後見登記制度」Q&Aより引用

Q3 . 法定後見制度とは、どんな制度ですか?

 法定後見制度では、本人の判断能力の程度に応じて、「後見」、「保佐」、「補助」の3つの制度が用意されています。

 「後見」、「保佐」、「補助」の主な違いは、次の表のとおりです。

              法務省「成年後見制度・成年後見登記制度」Q&Aより引用 

 

     後 見    保 佐        補 助

対象と
なる方

判断能力が欠けているのが通常の状態の方 判断能力が著しく不十分な方 判断能力が不十分な方

     【例】
(社協追記分)

〇自分ひとりで日常の買い物ができなくなった



〇家族の名前がわからなくなった

〇日常の買い物はひとりでできるが、土地や家の売買などの重要な契約ができなくなった

〇人の言いなりになりやすい

 〇買い物や重要な契約もひとりでできるが、本当に適切にできているか不安で、誰かと一緒なら安心

〇置き忘れや、しまい忘れが多くなった

 申立てをすることができる方

本人、配偶者、四親等内の親族、検察官、市町村長など

(本人以外の方の申立てにより、保佐人に代理権を与える審判をする場合、本人の同意が必要になります。補助開始の審判や補助人に同意権・代理権を与える審判をする場合も同じです。)

                

Q4 . 任意後見制度とは、どんな制度ですか?

 本人が十分な判断能力を有する時に、あらかじめ、任意後見人となる方や将来その方に委任する事務の内容を公正証書による契約で定めておき、本人の判断能力が不十分になった後に、任意後見人が委任された事務を本人に代わって行う制度です。

               法務省「成年後見制度・成年後見登記制度」Q&Aより引用

Q4_4

 

事例1:任意後見監督人選任事例

❶本人の状況:脳梗塞による認知症の症状
❷任意後見人:長女
❸任意後見監督人:弁護士

 本人は、記憶力や体力に衰えを感じ始めたことなどから、将来に備えて、できる限り自宅で生活を続けたいといった生活に関する希望などを伝えた上で、長女との間で任意後見契約を結びました。

 その数か月後、本人は脳梗塞で倒れ、左半身が麻痺するとともに、認知症の症状も現れました。

 そのため、任意後見契約の相手方である長女が任意後見監督人選任の審判を申立て、家庭裁判所の審理を経て、弁護士が任意後見監督人に選任されました

 長女は、任意後見人として、事前に把握していた本人の意向を尊重し、本人が在宅で福祉サービスを受けられるようにしました。

  downwardright
    権利擁護センターありだがわに
   このような相談が入ったら・・・

  downwardleft

 本人や周りの人が将来に不安を感じ始めたときに連絡いただ
  ければ、ご相談に応じます。
将来に備えるためにどの制度を使えばよいか何度も検討し、
  任意後見契約を結ぶためのお手伝いをします。
本人の判断能力が低下してきたときには、家庭裁判所へ任意
  後見監督人選任の審判を申し立てるためにお手伝いをします。
任意後見監督人として弁護士が選任されるまで、お手伝いを
  します。


                 法務省「成年後見制度・成年後見登記制度」Q&Aより引用

 

【権利擁護センターありだがわ】無料出張講座のお知らせ

 

【権利擁護センターありだがわ】

 無料出張講座のお知らせ

 「知って納得!くらしに身近な成年後見制度」

広く多くの方に成年後見制度を知っていただく機会として、出張講座を開催します。

内容

成年後見制度の概要(制度の基本的な説明)

※講座では成年後見制度申立の代行は行っておりません。

時間

30分~60分程度(要相談)

平日9:00~17:00

(時間外・休日については要相談)

費用

無料

対象

有田川町内を拠点に活動する団体・グループ等

場所

有田川町内の会場をご用意ください

講師

権利擁護センターありだがわ(有田川町社協)職員

お申込み・お問い合わせ

権利擁護センターありだがわ(社会福祉法人有田川町社会福祉協議会内)

有田川町角75番地1   TEL:0737-23-8800

こちらからもお申込みいただけます➡https://forms.gle/1CphPNgaXhYTefoq6

詳細はチラシをご覧ください▶チラシ(pdf)をダウンロード

権利擁護センターありだがわ 研修会のご案内

第1回 権利擁護センターありだがわ 研修会


テーマ ~知って納得!くらしに身近な成年後見制度~

日 時 ●令和3年28日() 13:30~15:00
       (※介護事業所向け)

      ●令和3年29日() 13:30~15:00
       (※障害福祉事業所向け)

会 場 きび保健福祉センター 2階 多目的ホール

      ※オンラインと併用開催

      ※オンラインで参加の場合は前日にアカウント及び
        パスワードをメールでお知らせします。

【対 象】 有田管内で相談支援に携わっている方

内 容 ①権利擁護センターありだがわについて

        ②アンケート調査の結果報告について

        ③成年後見制度について

        ④意見交換会

【申し込み】 下記の申込書をご利用ください。

       申込み締切:令和3年7月19日(月)

申込用紙はこちら⇒⇒⇒参加申込書(pdf)をダウンロード

※なお、この研修会について、有田管内の各相談事業所等に案内を送付しています。

16032_2

<お問合せ>有田川町権利擁護センター 担当:北川

      電 話:0737-23-8800
      F A X :0737-52-4222                  

「権利擁護センターありだがわ」を開設しました!

「権利擁護センターありだがわ」のご紹介

16032_2

将来の生活のこと、お金の管理に関することなど、不安なことはありませんか?

そんなときは、権利擁護センターありだがわまでお気軽にご相談ください。

Reaflet1

Reaflet2

リンク・関連ページ

企業広告

広告をクリックすると外部のサイトに移動します。広告内容に関する一切の責任は広告主に帰属し、取扱商品等については、当社会福祉協議会が必ずしも推奨するものではありません。
■広告掲載について■