トップ

  お知らせ/イベント情報サイト案内助成金情報活動日記登録方法

最新のお知らせ・イベント情報

最新のお知らせ・イベント情報をご紹介します。
みなさまから地域のイベント情報などをコメント欄にお寄せください。

eyeglass コメント欄をご覧くださいdownwardleft

ボランティア募集!

『パソコン・スマートフォンの使い方』

教えてくださる方を募集しています!!

 

 初心者の方や高齢者の方等へ、繰り返しやさしくパソコン・スマートフォンの使い方を指導してくださる方を募集しています。

 「パソコン入力や編集が得意!」

 「最近、動画編集にハマっています!」

 「このスキルを誰かのために使えたら」

という方、住民活動センターに登録して、あなたの技を地域のために活かしてみませんか?

お気軽に下記までお問合せください。

***************************

【お問合せ】有田川町住民活動センター
      (有田川町社会福祉協議会内)            
      ☎0737-23-8800      

Photo_3

2_2

           

 

おなかまメッセージ ~その2~

wink おなかまメッセージのご紹介 happy01

なかなか会えない今だからこそ心でつながろう!と

町内のひとり暮らしの方に『おなかまメッセージ』を

募集したところ、たくさんの心温まるメッセージを

いただきました。ぜひご覧くださいnote

Img_5806_3 

Img_5900_2 

Img_58542_2

Img_5808_4

Img_5809_2

Img_5859

Img_5858

Img_5810

16031_2

Img_5860

Img_5812

Img_5813

Img_5863

Img_5864

Img_5816

Img_5866

Img_5871

16032_6

Img_5817

Img_5872

Img_5875

Img_5828

Img_5876

Img_5879

Img_5830

Img_5882

16033

Img_5831

Img_5885

Img_5886

Img_5836

Img_5889

Img_5893

Img_5840

Img_5896

16031

Img_5899

Img_5844

Img_5847

Img_5910

Img_5903

Img_5904

Img_5908

Img_5913

16032_7

Img_5916

 

Img_59223

Img_5924

Img_5926_2

Img_5865 

 

>>>おなかまメッセージ~その1~

おなかまメッセージ ~その1~

wink おなかまメッセージのご紹介 happy01

なかなか会えない今だからこそ心でつながろう!と

町内のひとり暮らしの方に『おなかまメッセージ』を

募集したところ、たくさんの心温まるメッセージを

いただきました。ぜひご覧くださいnote

1_2

36

3

37

5

38

7

39

9

183

10_2

40

12_2

41

14

42

16

43

18_2

181_4

19

44

21

45

23

46

25

47

27

182

28

48

30

49

32

50

51

52

53

183_2

2_9

54

55

56

4_2

57

58

59

6_2

181_2

8_2

60

61

62

11_3

63

64

65

13_2

182_3

15_2

66

17_2

67

20_2

68

69

70

22_2

183_3

24_2

71

72

73

26_2

74

75

76

29_2

181_3

31_2

77

78

34

33

35

79_2

   

>>>おなかまメッセージ~その2~

みんなで「ちょいボラ」しませんか?

Lets 日常の暮らしのなかで気軽に「ちょこっと」、「ちょっとした」ボランティア活動をすることを『ちょこボラ』『ちょいボラ』『ちょぼら』と略して愛着を込めていう場合があります。

みんなでちょいと始めてみませんか?

one 『ペットボトルキャップ』を集めてボランティア

  飲み終わったペットボトルのキャップを捨てていませんか?

  ステップ① 洗って乾かそう!
        シール(キャンペーン用など)があればはがそう!

  ステップ② 集めて社会福祉協議会各事務所へ!

  *国内外の医療支援、障がい者支援、高齢者雇用等に役立てられます。

two 『書き損じはがき』でボランティア

  ❝あて名を間違えてしまった❞ ❝使わずに余ってしまった年賀状

  ❝印刷を失敗してしまった❞ はがきはありませんか?

  ステップ①  1枚だけでもかまいません。
        社会福祉協議会各事務所まで!

  *郵便局で新しいはがき・切手に交換し、地域福祉事業に活用させていただきます。

three 『古切手』を集めてボランティア

  届いた郵便の切手を捨てていませんか?

  ステップ① 封筒やはがきの切手は、まわり1cmほど外側を
        台紙ごと切り取ろう!

        消印もできる限り残すようにしよう。

  ステップ② 集めて社会福祉協議会各事務所へ!

  *和歌山県社会福祉協議会を通じて、県内で活動するボランティア団体へ助成されます。

four 『ベルマーク』を集めてボランティア

  お菓子や調味料などの外装にあるベルマークを見過ごしていませんか?

  ステップ① ベルマークを切り取ろう!

  ステップ② 集めて社会福祉協議会各事務所へ!

  *学校の備品購入や、へき地校・特別支援学校・震災被災校の支援等に役立てられます。

 

2_7

 

three古切手fourベルマークは、下記の場所でも回収しています。
回収ボックスを設置していますので、ぜひご利用ください。

 

●役場吉備庁舎
●JAありだ 本所
●JAありだ 吉備支所
●田殿郵便局
●吉備郵便局
●紀陽銀行 吉備支店

ボランティア募集!!

『秋葉のお茶会』(子どもの居場所支援事業)

happy01 居場所運営に
   ご協力いただける方を募集しています! happy01

活動日時:毎週水曜日   
    (祝日、学校長期休暇時は変更あり)

    (集合時間:14時30分ごろ、解散時間:17時30分ごろ)

活動場所:秋葉公民館(有田川町徳田1446番地4)

活動内容:宿題や工作、体を使った遊び等


★『秋葉のお茶会』チラシはこちら  
        チラシ(pdf)をダウンロード

【お申込み・お問合せ】

 有田川町社会福祉協議会 地域福祉課

 ℡:0737-23-8800

ペットボトルキャップ(エコキャップ)の収集について


有田川町社会福祉協議会
(有田川町住民活動センター)では
収集ボランティアの一環として
ペットボトルのキャップの
収集運動を推進しています。

★小さなキャップでも捨ててしまえばゴミになりますが、分別収集すれば資源となります。

★キャップを集めてリサイクルすることで、二酸化炭素の発生抑制につながるとともに、障がい者支援や世界の子どもたちの命を救うことができるボランティアがあります。

★キャップをキレイに洗って集めるだけのボランティア、みなさんも始めてみませんか?
  社会福祉協議会各事務所で受け付けています。

ペットボトルキャップ
『エコキャップ』
収集
回収事業者
リサイクル事業者
障がい者支援
環境教育
ワクチン支援等感染症対策

(震災義援金)

収集ボランティア    Ecocap2※直接送付
  社会福祉協議会等を経由

【海南市】
ヤツイトレーディング
株式会社

NPO法人
エコキャップ推進協会

など

 
エコキャップ
運動の目的
*リサイクルの促進
*二酸化炭素の削減
*売却益で発展
   途上国の医療支援
*障がい者・高齢者
  の雇用促進

※「内閣府NPOホームページ」 > 「NPO法人ポータルサイト」 > NPO法人の詳細情報 『特定非営利活動法人エコキャップ推進協会』 のページ でも詳しい活動内容をご確認いただけます。

≪キャップを集める時のお願い≫
  • 洗って汚れを落とし、よく乾かしてください。
  • シール(キャンペーン用等)は、できるだけ取り除いてください。
  • 集めるキャップは、清涼飲料水のキャップを対象にしています。素材がPP(ポリプロピレン)のものをお願いします。
  • 塗装したものや金属製のキャップは不可です。
  • マヨネーズ、ケチャップのキャップなども同じ材質ですが、集めていません。

Ecocap_4

← このようなキャップは
    収集することができません。
  ご協力よろしくお願いします。

(出典:NPO法人「エコキャップ推進協会」公式ホームページ/社協「有田川」第37・102号より)
平成27年4月一部内容変更

平成27年11月一部内容変更

令和元年12月一部内容変更

『小地域交流事業助成』について ご案内

小地域交流事業助成について

 小地域交流事業助成金は、有田川町民のみなさまのご理解
 とご支援による『社協会費』を財源とし、大字区等で行わ
 れる住民
主体の行事に対し助成しています。

 danger新型コロナウイルス感染拡大とクラスター発生を防止するため
  活動の自粛をお願いしています。

Q1.小地域交流事業とは?

 A.大字区等の行政区域単位で行われている住民
   主体の催し物、伝承・伝統行事、災害に関する
   研修や避難訓練など、地域住民が交流し、ふれ
   あい・支えあいのきっかけになることを目的とした
   行事に対し、上限20,000円を助成しています。

Q2.申請するにはどうしたらいいの?

 A.事前に計画書の提出が必要となります。

  計画書の記入の仕方など、ご不明な点がございましたら
  各事務所の地域福祉担当者までお問い合せ、ご相談ください。

Q3.申請する時に気を付けることは?

 A.1)実施される行事は、地域住民のふれあい・支え
     あいを促進する内容が必要です。
   2)実施後の提出は受け付けていません。
     必ず、事前に申請してください。
   3)
アルコール類は対象外になります。
   4)必ず、助成を受けようとする金額の10%以上の自主
     財源
(例えば、20,000円の助成を受けたい場合は2,000円
      の自主財源)
を予算計上してください。

Q4.サロン活動も対象になりますか?

 A.住民主体を基本としたサロン活動に対して
   「小地域サロン交流事業助成」を行っています。
   下記《お問い合せ先》までお気軽にご相談ください。

~申請から助成までの流れ~

①様式1 小地域交流事業計画書の提出 

 

提出時期 : 事業実施の2週間前までに提出してください。
審   査 : 助成金の使用目的が適切か審査します。

    

②審査結果の送付

審査の結果を代表者に送付します。

    

③事業の実施

※ポスターを配布しますので、行事会場内に掲示してください。

    

④様式2 小地域交流事業実施報告書助成金請求書の提出 

 

添付書類 : レシート、領収書のコピー、実施した写真(最低4枚)
審   査 : 使用内容に問題がないか審査します。

    

⑤審査結果の送付・助成金の入金

審査の結果、助成決定金額および入金予定日を代表者に送付します。

*******************************


 《お問い合せ先》  有田川町社会福祉協議会 地域福祉課   

                     ℡ : 0737-23-8800

             rvcar各事務所はこちら

*******************************

『備品貸出』について ご案内

『備品貸出』についてのご案内

 「区のイベントやサロンで
 簡単にできるものはないの?」

 「何か盛り上がる遊びはないの?」

といった声にお応えし、レクリエーション道具等の貸出を行っています。

※チャイルドシートの貸出もはじまりました!rvcar

※保有台数には限りがあります。貸出中の場合もありますので、事前にお問い合せください telephone

 ≪貸出は無料です≫

ぜひ、地域活動にご活用ください!!

貸出備品

●輪投げセット  ●ペタボード   
●スクリーン   ●将棋セット   
●綿菓子機    ●プロジェクター   
●ターゲットゲーム  ●お手玉  など

 

Img_4750_2 輪投げセット

   

Img_4763_2 ターゲットゲーム

 

Img_4783_3  ペタボード

 

 〈チャイルドシートについて〉

 貸出につきましては要件があります。
  まずは下記へご相談ください。

01_50歳~1歳用

46ヶ月~4歳用

Photo_24歳~用

【お申し込み・お問い合せ】

       有田川町社会福祉協議会 地域福祉課  
                  ☎0737-23-8800

ボランティア保険のご案内

地域で活動される皆さん、もしもに備えて保険加入を!

ボランティア活動保険

 ボランティア活動中に「怪我をしてしまった」「怪我をさせてしまった」
「物を壊してしまった」などの万が一に備えて、活動に応じて保険に加入
  することをお勧めします。


 【加入申込人(加入できる方)】

    社会福祉協議会が運営する住民活動センターに登録している
        ボランティア、ボランティアグループ、団体

 【被保険者(保険の補償を受けられる方)】

      ケ ガ の 補 償・・・ボランティア個人
    賠償責任の補償・・・ボランティア個人、NPO法人
              ボランティアの監督義務者
                                       

 【対象となるボランティア活動】

    日本国内における「自発的な意思により他人や社会に貢献する
         無償のボランティア活動」で、次の①から③までのいずれかに
   該当する活動であること。

   ①グループの会則に則り企画、立案された活動であること。
   ②社会福祉協議会に届け出た活動であること。
   ③社会福祉協議会に委嘱された活動であること。


 【補償金額(保険金額)】

 ※令和2年度より

      基本プラン   天災・地震
 補償プラン 

     

  
  死亡保険金       1,040万円  
  後遺障害
   保険金
     1,040万円(限度額) 
  入院保険金
      日額
       6,500円  

手術
保険金

入院中の手術        65,000円  
外来の
手術
       32,500円  
通院保険金
日額
       4,000円  
特定感染症の
補償
   ×   ○
賠償 賠償責任保険金
(対人・対物共通)
      5億円(限度額)

【保険料(1名あたり)】

   ボランティア活動保険    保険料
基本プラン    350円  
天災・地震補償プラン    500円  


【保険金をお支払する主な場合】

  ※ケガの補償
   ・清掃ボランティア活動中、転んでケガをして通院した。
   ・活動中、食べた弁当でボランティア自身が食中毒になって
    入院した。


  ※賠償責任の補償
   ・自転車でボランティア活動に向かう途中、誤って他人に
    ケガを負わせた。
   ・家事援助ボランティア活動で清掃中、誤って花びんを
    落としてこわした。


ボランティア行事用保険


 【加入申込人(加入できる方)】

    社会福祉協議会が運営する住民活動センターに登録している
   ボランティア、ボランティアグループ、団体

 【被保険者(保険の補償を受けられる方)】

      ケ ガ の 補 償・・・行事参加者全員(主催者(個人)を含みます)
    賠償責任の補償・・・行事主催者および共催者
    (参加者の実習を伴う行事の場合、行事参加者個人の実習中の損害賠償責任も補償します。)

 【対象となる行事】

    地域福祉活動やボランティア活動の一環として日本国内で行われる
    各種行事

    ※地域福祉活動とは、地域住民や関係団体(自治会・町内会などを含む)、
                  
ボランティア、当事者などが主体的に参加し、地域社会における福祉の
                  
問題に対し、また地域の福祉を高めるために取り組む様々な活動です。


 【補償金額(保険金額)】
    Aプラン・Bプラン・Cプラン共通

      保険金の種類    補償内容
ケガの
補償
参加者本人の
ケガ
   死亡保険金    400万円
 後遺障害保険金    400万円
  (限度額)
 入院保険金日額    3,500円
手術
保険金
入院中の手術    35,000円
外来の手術    17,500円
 通院保険金日額    2,200円
賠償責任の補償     対人事故  1名・1事故2億円
   (限度額)
    対物事故  1事故1,000万円
  (限度額)

 

【保険料(1名あたり)】
    Aプラン(宿泊を伴わない行事)、Bプラン(宿泊を伴う行事)、
    Cプラン(宿泊を伴わないかつ参加者が事前に特定できない行事)
    の3プラン

        Aプラン(宿泊を伴わない行事)
   A1行事    A2行事    A3行事
   1日28円
 (最低保険料560円)
   1日126円
 (最低保険料2,520円)
   1日248円
 (最低保険料4,960円)
         Bプラン(宿泊を伴う行事)      
   1泊2日
   (2日間)
   241円    4泊5日
  (5日間)
    354円
   2泊3日
   (3日間)
   295円    5泊6日
  (6日間)
    359円
   3泊4日
   (4日間)
   300円    6泊7日
  (7日間)
    364円
Cプラン
(宿泊を伴わないかつ参加者が事前に特定できない行事)
            A1区分の行事
        1日28円   (最低保険料 560円)


詳細につきましては、こちらをご覧ください 
     ⇒⇒ https://www.fukushihoken.co.jp/

【お問い合わせ】
  有田川町社会福祉協議会 地域福祉課  ℡:0737-23-8800

【お申し込み】
  申し込みの際は窓口まで来所ください  rvcar各事務所はこちら

wnc_banner

banner_shakyo

Banner_akaihane
企業広告

広告をクリックすると外部のサイトに移動します。広告内容に関する一切の責任は広告主に帰属し、取扱商品等については、当社会福祉協議会が必ずしも推奨するものではありません。
■広告掲載について■