« 【弁護士による無料法律相談 予約受付状況】 6/21相談分 | メイン | 【視覚障害者総合福祉機器展 アイフェスタ&医療講演会 2018 in 和歌山】開催のご案内 »

日弁連第61回人権擁護大会プレシンポジウム「特殊詐欺対策 街ぐるみで被害防止を!」

 日弁連第61回人権擁護大会プレシンポジウム

 特殊詐欺対策 街ぐるみで被害防止を!

主催:和歌山弁護士会 共催:日本弁護士連合会、近畿弁護士会連合会

日時

2018年7月6日(金)

13:30~15:50

場所

和歌山県民文化会館 小ホール

テーマ

○和歌山県下における特殊詐欺等の被害実態
○特殊詐欺の被害回復の状況とその課題
○行政や各種業界団体による街ぐるみでの被害防止策
○特殊詐欺等に対する取締まりの状況とその課題

趣旨  社会問題として注目される「特殊詐欺」は、深刻な被害を生み出し続けています。平成29年度の全国における「特殊詐欺」の認知件数は約18,000件、被害額は約390.3億円に上りました。「特殊詐欺」の手口は、常に進化し、巧妙化しており、自分は大丈夫と思っていた方も被害に遭っています。そして、一度被害に遭ってしまうと、被害回復は非常に困難なのです。
 和歌山県下においても、「特殊詐欺」の認知件数は95件、被害額は約2億1500万円に上り、その手口もオレオレ詐欺をはじめ、架空請求詐欺、還付金等詐欺など巧妙かつ様々で、泣き寝入りする被害者を少しでも減少させなければなりません。
 本シンポジウムでは、重大な人格侵害であると言っても過言ではない「特殊詐欺」について、和歌山弁護士会が行政・各種団体とともに、その実態・手口を明らかにしつつ、特殊詐欺被害に遭わないための対策を紹介します。
その他

◆入場無料

◆定員300名(申込不要)

◆詳細は和歌山弁護士会ホームページをご覧ください。

リンク・関連ページ

Banner_vc

Banner_akaihane

企業広告

広告をクリックすると外部のサイトに移動します。広告内容に関する一切の責任は広告主に帰属し、取扱商品等については、当社会福祉協議会が必ずしも推奨するものではありません。
■広告掲載について■